親子留学の概要の説明

subpage1

親子留学とは、親と子が海外で共に生活を送りながらそれぞれ別の学校へ入学して学ぶ留学ことです。親子留学には主に親が学ぶために留学し、その間子供を現地の幼稚園や学校に入学させる親主体のスタイルと、子供を学ばせるために留学し、親もその間に学校などで学ぶ子供主体のスタイルがあります。

なお、子供の母親または父親だけが子供と留学する場合もあります。
留学する子供の年齢は主に2歳から10歳ぐらいであり、それ以上の年齢の場合は個人留学が多くなります。


親子留学には約1年〜4年ほど滞在する長期的な留学と、一週間〜4ヶ月程度の期間だけ滞在する短期的な留学があります。

滞在のスタイルは主に現地のホストファミリーと生活するホームステイ、ホテルやコンドミニアムなどの宿泊施設での滞在、アパートや学校内の宿舎での生活があります。



親側の留学中の学ぶスタイルは語学スクールに通う、教師宅にホームステイをして言語のマンツーマンレッスン受ける、言語以外の学習のためのスクールに通う、などがあります。


子供の場合の入学先は3歳から4歳までは現地のプリスクール(保育園)、それ以上は年齢に応じた現地の小学校、中学校、高校に入学します。語学スクール等に通う場合もあります。

最近話題のGirls Channelの優良サイトの情報を公開中です。

親子留学の方法は国内や海外の専門のエージェントの募集に応募したり、個人で用意して留学する等があります。



なお、時期によっては留学者が増えることでエアチケットを入手できない場合があるため早めに計画をしておくことが無難です。