マレーシアのペナンで親子留学

subpage1

親子留学で想定される国や地域がありますが中でもおすすめが、マレーシアのペナンです。

ペナンはマレーシアの北西部に位置し、対岸のマレー半島のバターワースとはペナンブリッジで繋がっています。

島内にはマレーシア第2の都市、ジョージタウンがあります。


台湾、香港、韓国などを経由してペナン国際空港へ入りますのでアクセスも良く、多くの日系企業が進出し、現地で働く日本人は約2、000人といわれています。

また、リタイア後のロングステイ先でもっとも人気のある地域のひとつです。主にマレー人、中国系移民の末裔である華人、インド系の人々で構成される多民族国家で、それぞれの人たちがお互いの宗教や文化をリスペクトしながら暮らしていて共通語は英語です。

英語を学習できるだけでなく、国際感覚を肌で感じることができる一石二鳥の土地です。



日常生活でも英語を使って生活でき、会話のスピードもそれほど速くなく親子留学においてストレスもあまり感じないでしょう。一年中温暖な気候に恵まれ、治安もよく親日家が多いことでも知られています。

また、中国系移民は華南地方と呼ばれる福建省や広東省などの出身で、味も日本人の口に合うので駐在員やリタイアメントされたシニア層にも人気の料理がたくさんあります。
ビールは日本より少し高めですが、物価は日本の約3分の1で現地の食べ物はそれ以下で食べることができます。


古くからジョージタウのランドマークとして知られる超高層ビルの「コムタタワー」のところからは島内全域へのバスが出ていますので、観光にショッピングに便利です。


隣接する市内最大のショッピングモール「ガーニーパラゴンモール」はフードコートも充実していて各国の料理、寿司やお菓子といった日本の味を楽しめます。

特徴のある日本経済新聞情報選びに特化したポータルサイトです。

短期の留学では特別にビザも入りませんので、春・夏・冬休みの期間でのペナンでの親子留学をおすすめします。